スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最終回314話【結末ネタバレ考察】感想まとめ《大団円の本当の意味》

ニュース
スポンサーリンク
2分でわかること・ゴールデンカムイ最終回314話【結末ネタバレ】
ゴールデンカムイ《大団円の意味》考察
ゴールデンカムイ感想まとめ

現在、話題になっている、ゴールデンカムイの最終回314話のネタバレや考察について詳しく解説します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最終回314話【結末ネタバレ】

2022年4月28日の木曜日についに最終回を迎えたゴールデンカムイ!

ラストの最終章では最終回に本当になるのかということで残り3話でどのようにこの物語を終わらせるのか不安になっていた読者はかなり多かったです!

そんな中きれいに今回の物語については伏線を回収していましたね!

そんな中で伏線も回収できていないところがあるので伏線が回収できている内容のネタバレと。

伏線が回収できていない未回収の考察について解説していきます!

 

それではまず伏線が回収された今回の314話のネタバレについて解説していきます!

ゴールデンカムイ最終回ネタバレ:戦いから6ヶ月後の東京

最終章の鶴見中尉と杉本の戦いが終わり最終回を迎えました!

そして6ヶ月後の東京に移り杉本は梅ちゃんと再会。

梅ちゃんは再婚しおり。手術し回復することができます。

そして息子もちゃんと育つことができ。

杉本は金塊を無事に梅ちゃんに手渡しすることができます。

 

そしてアシリパさんと杉元は一緒に杉元の故郷に帰ることに!

 

ゴールデンカムイ最終回ネタバレ:その他のキャラクターのその後は?

夏太郎はもともと小さな牧場で日々を過ごしていましたがその後徐々に大きくなり最終的にはかなり大きな大牧場を手に入れることに!

牧場主として大成功します!

 

永倉新八はその後歴史の史実通り新撰組を止めて剣道などを教える先生に!

 

谷垣とインカラマッについてはまさかの15人の子宝に恵まれる展開に!

そのうちの14人の子供は男の子で長女だけが女の子という展開に!

 

門倉とキラウシ、マンスールは見事に伏線回収をしアメリカで映画を撮ることに!

しかしアメリカでは残念ながら失敗してしまいます。。

しかしその後カルト映画として評価を得る人物になっていく展開に!

 

ヴァシリことずきんちゃんは死んでしまったのではないかと思われていましたが見事に生きていました!

そして兵士として戦うことをやめて画家になることについていきます。

そして画家として大成功し3億円で it 企業の会社から落札されるほどの人物に!

 

鯉登はさらに出世することに!

月島を右腕として中央から守る最後の最後には第七師団団長ともなり。

月島はその右腕を全うします。

 

月島は何とか鶴見中尉の額あてや骨などを探しますが見つからず。

 

最終章で次々にキャラクターが死んでいてしまいました!

しかしそれでも魅力的なキャラクターが残っておりその残った人たちはみんな何かしら成功してハッピーエンドを迎えています。

そしてさらにそこから3年後の世界も描かれることに!

ゴールデンカムイ最終回ネタバレ:さらに3年後の世界

さらに3年後の世界では成長したアシリパさんと杉元が暮らしています。

そんな二人が暮らしているところで白石からの手紙がそこには白石の顔が刻印された通貨がつまり白石が金婚を全て回収し、

東アジアの島で王様になっているようです。

最後の最後の締めは白石という展開でゴールデンカムイの最終回は終わって行きました!

 

それでは続いて最終回の考察について見ていきましょう。

実際に伏線が回収することができていないところも多く存在します。

 

その伏線が回収できていないところや更に深堀りしていくとこのような展開になっていきます!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ《大団円の意味》考察

ゴールデンカムイ最終回考察:大団円の本当の意味

最終回のタイトルは大団円という聞きなれない言葉のタイトルとなっています。

大団円とは簡単に説明すると以下の通りとなっています。

物事が最終的にめでたく治ること

このことから考えてみても今回の物語はハッピーエンドで終わっているのが分かっています。

確かに最終章に行くまでに牛山や尾形などが死んでいってしまいました。

特に尾形の死に方がなんとも悲しかったことからここからどのようにハッピーエンドになるのかと心配になっていた読書もかなり多かったです。

しかし最終的には生き残ったキャラクターが全てその先の世界で成功しさらに死んでいった仲間たちを忘れることなく生きていました。

 

その事から考えてみてもハッピーエンドであることは間違いありません。

しかし明らかに物語の314話では6ヶ月後の未来と3年後の未来ということでかなり飛ばし飛ばしにしていましたね。

おそらくこの部分が今後単行本で追記されていくと考えられます!

 

単行本の31巻ではさらに物語の中で詳細に追記していくことが公式でも発表されています。

このことから考えてみてもまず間違いなく今後の展開としてハッピーエンドでない部分をさらにハッピーエンドにしていくことが考えられます!

そしてハッピーエンドで終わっていない人物も存在するのが分かりますね。

ゴールデンカムイ最終回考察:鶴見中尉と月島の再会

最終回の展開として最も悲しい展開だったのが月島が鶴見中尉の骨などや額当てなどを探しますが一切見つかることがありませんでした。

このことから考えてみても鶴見中尉は明らかに死んでしまったのではないかと思う思われています。

しかしそれでは月島家鶴見中尉が大団円の中に入っていませんね!

物語がすべてハッピーエンドで終わるのであればやはり月島と鶴見中尉の再会は必然的に必要になっていきます。

そして鶴見中尉が実際に確実に死んでしまった。

描写は描かれていません。

 

また頭を撃ち抜かれたわけでもないことから考えてみても生きている可能性は十分に考えられます。

そのことから考えてみても鶴見中尉は生きているという展開が今後描かれるのではないかと予想することができます。

そして額当てについてはおそらく海に浮かぶ可能性が考えられますね。

しかしそれも海に浮かんできませんでした。

そして月島があれだけ探しても見つけることは出来ませんでした、、

その事を考えるともしかするとどこかの島に辿り着いている可能性が予想できます。

そうなってくるとやはり鶴見中尉は生きているのではないかと推測することができますね!

そしてゴールデンカムイの最終巻である31巻は2022年7月に発売されます。

そしてこのゴールデンカムイの最終巻には追記されることが確定しています!

なのでゴールデンカムイが本当に終わるのは単行本の内容を見てからです。

まだまだ楽しめると思えると本当に嬉しいですね!

それでは続いてゴールデン頭の最終話を見た人たちの感想を熱意て詳しく見ていきましょう。

アクセス西の感想というのがこちらです!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ感想まとめ

ゴールデンカムイ感想:大団円の魅力

ゴールデンカムイ感想:アイヌの物語

ゴールデンカムイ感想:歴史好きにはたまらない


こちらを見ていただいてもわかりますが最終回の展開について妄想してタイトルについても魅力を感じている人が多いのですね!

最後の最後までどうなるかは分かりませんでしたが

本当に最後に全て丸くおさめて。

伏線も回収して終わらせることができたのが素晴らしいですね!

特に311話の終了時点ではどのように結末が着くのかが予想できなかった人も多く延長などもあり得るのではないかと言われていました。

しかしそれでもしっかりと最後に誰もが納得する展開で終わっているのが本当によかったですね!

最後に今回の内容のまとめを見ていきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

ゴールデンカムイ最終回314話【結末ネタバレ考察】感想まとめ《大団円の意味》についてはカンタンにまとめると以下のようになります。

まとめ・ゴールデンカムイ最終回314話【結末ネタバレ】
➡アシリパさんと杉元が故郷で一緒に暮らし。白石は中東の国の王様となる。
・ゴールデンカムイ《大団円の意味》考察
➡今後の展開で鶴見中尉が死んでいるとは思えないことから鶴見中尉と月島の再会が描かれる可能性も高いのではないかと予想。
・ゴールデンカムイ感想まとめ
➡大団円と言うタイトルに正しい終わり方で大絶賛!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
yuzuruをフォローする
ポプニュー

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました