電動カートや電動車椅子の置き場所がない時の解決方法と注意点!

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは私は福祉用具専門相談員として、今までに500人以上の要支援・要介護の高齢者をサポートしてきたゆずゆずと申します!

今回は、電動カートや電動車椅子の置き場所がない時の解決方法と注意点について詳しく解説します!

スポンサーリンク

電動カートや電動車椅子の置き場所がない?

電動カートや電動車椅子を抵抗なく使う人がここ最近でかなり増えてきています。

特にこのように電動カートなどを使う人が多くなった理由としては高齢者ドライバーの事故などが多発していることから家族が車を使うことを制限したり、本人が怖くなってしまい、使わないことが増えていった結果、電動カートや電動車椅子を使う人がかなり増えてきました。

そんな中で、問題なのが電動カート電動の車椅子置く場所についてです。

電動カートや電動車椅子は当たり前ですが、かなり重量もありどこかにコンパクトに置いていくことはかなり難しいです。

そのことから考えてみても実際にどこに置けばいいのかということから置き場所のせいで電動カートや連動の車椅子を使わない人たちが多くなっています。

それでは置き場所についてどのように問題を解決していけばいいのか、解決方法についてみていきましょう。

スポンサーリンク

電動カートや電動車椅子の置き場所がない時の解決方法!

解決方法については二つあります。

二つのパターンがあるのでひとつずつ見ていきましょう。

まずはマンションに住んでいる人の場合についてです。

マンションの場合

マンションに住んでいる人に関しては大家さんや管理人の人に確認した上で自転車置き場や玄関の前に置いていいかを相談することが重要になってきます。

電動カートや電動車椅子ということから、玄関の中に置かなければいけないという固定概念や敷地の中に置かなければいけないという思いがある人が数多くいます。

確かに本来であれば共有スペースに電動カートや電動車椅子といった大きい物を置いてはいけない場合もあります。

しかし、事情を話せばほとんどのマンションの管理人やオーナーさんがそのことを許してくれるでしょう。

もしも自分で言いづらい場合は家族やその電動カートが電動車椅子を扱っているプロの人に言っていただくということも可能です。

実際に経験している人も数多くいるのでプロの人に任せた方がスムーズに行く場合もあります。

共有スペースであることから事前に確認は必要ですが、その人の生活のために必要になってくることなので多くのオーナーさんや管理人さんが許可してくれることでしょう。

それでは一軒家の場合について見ていきましょう。

一軒家の場合

一軒家の場合で置き場所がなく使いたくても使えない人に関しては折りたたみは分解ができるものをセレクトしてみてもいいかもしれません。

電動カートで分解できるものはありませんが、電動車椅子で限りなく電動カートに近いもので分解することができるものが実際にあります。

他にも電動車椅子でかなりコンパクトに折りたたむことができるものもあります。

実際に一軒家の場合、それを玄関に置いている人たちも数多くいるので、一度電動カートを販売やレンタルしている人に頼んでみれば問題を解決してくれることがかなり多くあります。

プロの人ももちろん電動カートでは、電動車椅子を使って欲しいことから自分たちのためにも数多くの提案をしてくれることでしょう。

以上の理由から完全に諦めていた電動カートでは電動車椅子でもプロの視点で実際に使うことができることが多くあります。

その環境やその使う人によっても変わってくるのでプロに相談することが良いでしょう!

電動カートや電動車椅子を使うことによってのデメリットもあります。

スポンサーリンク

電動カートや電動車椅子の置き場所の注意点!

電動カートは電動車椅子を使うことによって、今まで行けなかったところに行くことができるので当選本人も基礎的な体力が向上していきます。

しかし、あまりにもいろんな場所に生きることから例えば電気のバッテリーのことを考えずにいろんな場所に行ってしまったり、本来通ってはいけないような車が通るような場所を通ってしまい事故に遭ってしまう可能性もあります。

電動カートなどを販売やレンタルする時は必ずプロの人が付き添いなどがあるのでしっかりと家族も確認して使えるかどうか見極めましょう。

本人が使いたいという場合はほとんどが使うパターンが多いです。

というのも業者も、もちろん使ってほしいという思いがあるので必然的に需要と供給がマッチします。

そこから、少し危険な場合でも取り扱いをする可能性は少なからずあるので家族の第三者の目からもしっかり確認しましょう。

ほとんどのメーカーさんが危険性のある場合は販売を取りやめたり、レンタルを取り止めることが多いです。

また保証などにも入っていることからしっかりと対応してくれることでしょう。

しかし、どうしてもご本人さんに使いたいと言っているにもかかわらず『あなたに貸すことはできません。』

というのはなかなか言いづらいところもあるのでそこは家族が客観的に見て判断することも重要になってきます。

もちろん任せていただければ、ほとんどの場合でうまくいったり、良い方向に行くのがほとんどですが、そのような注意点を考えた上でも、しっかりと電動カートや電動車椅子は選定しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuzuruをフォローする
ポプニュー

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました