スポンサーリンク

タコピーの原罪13話【考察&感想】『んうえいぬkf』の意味がヤバい

ニュース
スポンサーリンク

【要点】

タコピーの原罪【13話】考察ネタバレ
感想や評価口コミは?
・13話以降の今後の展開考察予想

※最新話のネタバレが多く含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タコピーの原罪【13話】考察ネタバレ

週刊少年ジャンプ+で現在歴代最高の視聴数かつ乱数を毎回更新している今回の作品「タコピーの原罪」

それでは今回13話の考察ネタバレについて見ていきましょう!

タコピーの原罪【13話】考察ネタバレ『たこぴーはまりなちゃんのためにタイムリープ』

たこぴーはまりなちゃんの笑顔のためにハッピー星から来たことがわかりました。

そして今りなちゃんのためにしずかちゃんを殺すことを考えます。

タイムリープをたこぴーママに頼みしずかちゃんを殺すことによってまりなちゃんが東君と高いママになりお母さんも幸せでお父さんも取り戻せるのではないかとタコピーが考えます。

しかし、たコピーがタコピーママにお願いすると思わぬ展開に、、

考察:今回のタコピーの言動や行動を見て頂いてもわかりますが明らかに人を殺すという事に抵抗がないのが分かります。また、しずかちゃんがタコピーのことを強く叩いて殺そうとしていましたが、もしかすると反対にタコピーがしずかちゃんを殺そうとしたことから反撃したのかもしれませんね。

タコピーの原罪【13話】考察ネタバレ『タコピーは記憶を消されていた』

そして今回たこぴーがまりなちゃんを救うためにタコピーままにタイムリープしてしずかちゃんを殺すことをお願いします!

しかしその話の中でハッピー星でやってはいけないことをした約束を破ったとタコピーママが話していました。

タイムリープする事ではなくそれ以前にここに一人できたということを話していましたね!

明らかにこれがハッピー星の目的などが分かる伏線となっています!

考察:話の内容から考えてみてもまりなちゃんを確実に連れて来なければいけないということがわかります。
つまりいじめや虐待などにあっている子供たちをハッピー星に連れて来なければいけないと言うルールがありそれをたコピーは破ってしまったのだと考えられますね。そしておそらくタコピーのような同じ形をしている人達はもともといじめや虐待などに遭っていた子供達なのではないかと考えられます。
そして目的は子供達を救いハッピー星に連れてきてハッピー星人どうして生きていかせることが目的になっているのではないかと考えられます。

タコピーの原罪【13話】考察ネタバレ『タコピーの迷い』

そして13話の最後でたこぴーがたこぴーママに記憶を消されていましたが記憶が戻りはりなちゃんのためにしずかちゃんを殺さなければいけないと考えます。

しかし自分に優しくしてくれたしずかちゃんを殺すことが本当に正しいのか迷いが生じます、、

そんな迷っている中東君が目の前に現れ13話が終了します!

それでは今回の13話を見た人たちの感想について見ていきましょう!

スポンサーリンク

タコピーの原罪の13話の感想・評価・口コミ

タコピーの原罪の13話の感想①最悪すぎて好き


確かに今回の物語は他の漫画やドラマ映画などにもないほど最悪な展開になっていてとても週刊少年漫画の作品とは思えない内容になっていますね。

しかしそこが新鮮味があって魅力を感じる人も多くいてもおかしくはないでしょう!

タコピーの原罪の13話の感想②子どもをハッピー星に連れて帰って


こちらの考察や感想を見て頂いても分かりますがやはりタコピーの使命は家庭環境やいじめを受けている子供をハッピー星に連れて帰ることなのだと考えられます。

そしてハッピー星の人たちと一緒に幸せに暮らしていくのが目的でたコピーの罪というのはそれをしなかったことなのだと考えられます。

タコピーの原罪の13話の感想③堕天なんだよな


かなりいろんな面からこの作品について学びがありますね。

しかし考察や学び以上に精神的にくる部分があるのもたしかです、、

それではさらに今後の展開の予想や今までの伏線について考察を見ていきましょう!

スポンサーリンク

タコピーの原罪の13話以降の考察ネタバレ予想

タコピーの原罪の13話以降の考察「サブタイトルの伏線」

13話までのサブタイトルは以下のようになっています!

★1話 2016年の君へ
☆2話
タコピー冒険
♦3話 まりなキングダム
♢4話
タコピー救済
■5話 東くんの介在
■6話 東くんの冒険
☆7話
タコピー告解
♦8話 しずかキングダム
9話 大丈夫
♢10話 東くんの救済
11話 日本横断しずかツアー
★12話 2022年の君へ
13話 タコピー原罪

こちらを見ていただければ分かりませんが確かに対比になっているのが分かりますね。

このことから考えてみてもわかりますが最終回が近づいているのが分かります。

既にタイトルの伏線は回収しきっている事を考えると15がもしくは16話で最終回を迎えていく可能性が考えられます。

タコピーの原罪【13話】以降の考察「宗教のメタファー」


今回の内容は確かにどこか宗教じみているところも感じるので何か宗教や昔の竹取物語などが参考になっていることが考えられます。

タコピーの原罪【13話】以降の考察「子供はハッピー星人になる」


こちらにも考察で書いてありますが Happy 星の人たちはやはり地球の家庭環境やいじめなど逃げたくても逃げられない本人の意思ではどうしようもない人たちを救っているのではないかと考えられます。

タコピーの原罪【13話】以降の考察『んうえいぬkf』の意味がヤバい

今回の物語の中でも最も理解不能なのが

たこぴーの名前についてですね実際に2週目のしずかちゃんに対しては名前をつけてほしいということを言っておらずまりなちゃんには名前を付けて欲しいと言っていました。

おそらくこれは一周目のまりなちゃんに名前をつけてもらったことから

2週目のしずかちゃんには名前を付けてもらうということはせずに

自分から名前を名乗ったのだと考えられます。

 

しかし自分から名前を名乗っていますが

名前でも付けられた記憶はありますが

残念ながらその名前については明確に覚えていないことで

このような意味のわからない名前を名乗ったのだと考えられます。

 

また名前を授かったことについてはたこぴーママが記憶を消さなかったのだと推測できます。

しかしなぜこの文字になったのかについては

明確に現時点ではわかっていません。

しかしまず間違いなくこの名前についても伏線になっていると考えられます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
yuzuruをフォローする
ポプニュー

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました